多岐にわたるジャンルについて倍率が設定されたギャンブル


sdfk8drk その賭けの対象となるのは、主にスポーツ、また政治や天気と、本当に様々です。また、非常に低額(1ドル程度)から賭けることが可能です。そのため、初心者の方でも自分の精通しているジャンルを見つけることができますし、少ない金額で楽しむことができます。

ブックメーカーをやっている人のほとんどは、スポーツベットをしていると思います。私も、スポーツベットをおススメします。日本は賭博が禁止なので、ブックメーカーはもちろん日本の会社が運営しているわけではありません。しかしながら、ベットの対象は海外サッカーやオリンピックだけではなく、日本のJリーグやプロ野球もあるのです。それぐらい、ブックメーカーの賭け対象は多様です。

例えば、プロ野球(NPB)のファンの方なら、先発の投手やチーム状況からおおよその試合の予想ができるはずなので、自分の予想をもとに、儲けを狙ってみるということもできます。

また、ワールドカップやオリンピックなど、世界的な大会においてベットをすると、応援により一層に熱が入ります。2014年のワールドカップの優勝国予想において、日本は約200倍でした。そのため、日本に100円ベットして優勝すれば2万円が返ってきます。確かに日本の優勝の可能性は低いかもしれませんが、ちょっとしたお金を賭けることで、観戦が2倍も3倍も面白くなります。

元々は興味のない試合でも、ベットをすることで応援する方ができる訳ですから、観戦が面白くなります。ちなみに、私は楽天イーグルスのファンなので、セリーグはあまり興味がないのですが、ブックメーカーでセリーグの試合に賭けて現地観戦で応援して楽しんだりしています。笑

また、ブックメーカーの良いところは、控除率(胴元が儲ける額の割合)が5%程度だということです。日本の競馬の控除率は25%程度なので、ある意味ブックメーカーはかなり良心的なギャンブルだと言えます。

ベットをする人は、必ずにもその分野に精通している人ではありません。むしろ、素人の人のほうが多いです。そのため、この控除率5%は、自分のベットする対象についての知識が豊富であれば、十分に上回ることができるパーセンテージです。実際に競馬でも25%の控除率を超えて、継続的に勝っている人もいるくらいなので、5%という数字は勝つのにかなり現実的数値と言えます。

このような意味では、特定の自分が知識を持っているジャンルがあれば、単純に儲けたいという人にもおススメできるのがウィリアムヒルです。以上のように、ブックメーカーは、手軽に賭けるライトユーザーも、しっかりと勝ちに行くユーザーも、どちらに対してもおススメができます。100円あれば楽しめる世界なので、是非皆さんにもお勧めしたいです。